現在では性別や年齢を問わず、パワーストーンを身に着けている人がたくさんいます。魅力は何と言っても、願いを叶えてくれるという不思議なパワーを持っているという点です。その石によって効果が違い、自分の願いに合わせたものを身に着けると良いとされています。パワーストーンは天然石とも呼ばれていますが、その名とおり自然界で生まれた鉱物です。たくさんの種類があり、色や模様などもさまざまです。大きく分けると宝石である、ダイヤモンドやルビー、サファイアなども天然石です。品質の高いものが美しく磨かれ宝石として価値のあるものとして扱われています。宝石として価値のあるものから、比較的リーズナブルなものまでたくさんの種類がありますが、値段が高いから良いというわけではありません。身に着ける人との相性というのもあります。

自分が必要としているものを選ぶ方法

ストーンショップで石を見ると、たくさんの種類があり迷ってしまいます。そのような時には直感で選ぶのもおすすめです。まず、石を眺めます。そして、できるだけ余計なことは考えず、単純に気になる石を選びます。ブレスレットなら何種類か選んでも良いでしょう。直感で選ぶときには「なんとなく気になる」程度の理由でかまいません。石の効果も気にしなくて大丈夫です。そのようにして選んだ石が実は自分にとって今必要な力を持っているということもあります。効果で選ぶなら、組み合わせにも気を使いましょう。組み合わせると良くないということはありません。しかし、石同士の効果をパワーアップさせる組み合わせはあります。例えば金運の場合は仕事運をアップさせるのか、勝負運を良くしたいのかなど目的でも変わってきます。自分の願いに一番合う組み合わせを見つけるのも効果的です。

身に着けるだけで願いは叶うものなのか

パワーストーンは身に着けている人に、その力を与えてくれるといいます。しかし、身に着けても何も変わらないと言う人もいます。当然、天然石は魔法ではありません。身に着けただけで突然目に見えた変化が起こるわけではありません。パワーストーンの効果は、身に着けている人の内面的な変化に大きく影響します。例えば、内向的な人が社交的になれる石を身に着けた場合少し誰かに話しかける勇気が湧いたり、ネガティブ思考の人に前向きになる効果のある石を身に着けることで少し楽になる考え方ができたりなどという効果があるとされます。そのような、内面での小さな変化を繰り返すことで自分を取り巻く環境が変わったり自分自身の考え方が変わるなどして結果的に目に見える変化となるものです。天然石はその手助けをしてくれるお守り的な存在として大切にしましょう。